舌のきざし 5

2014.06.02 Monday 22:00
0
     こんにちは。
    陽光堂鍼灸院の斎藤です。

    http://yokodo-shinkyu.com/

    本日もよろしくお願いします。


    先週土曜日は、運動会がありました。

    気温はグングン上昇し、26.9℃を記録。

    先週は朝晩ストーブをつけていましたが、いきなり真夏になりました。

    気温の変動が激しくて、身体がついていきません。



    さて、本日は舌の上に乗っかっている「苔(たい)」についてみていきます。


    4・苔の剥離(はくり)について

    苔というのは、「舌乳頭」の委縮によるものなのですが、舌の部分的に生じるものと全体に生じるものがあります。

    中医学では、「胃の気(生命力)」と言いますが、これが失われると剥離していきます。

    とくに、重病の場合には、これが舌全体的に現れると、さらに症状は重くなっており、予後はよくありません。

    重病でない場合にも、部分的に剥離が現れることがありますが、その場合は、消化能力の低下や、内分泌障がい、神経過敏などの神経障がいの場合にみられることがあります。

    意外と、子どもにも部分的な剥離が見られることがあります。

    そんな子は、「かんむし」傾向の子どもが多いようですよ。

    こんなふうに、どんな症状なのかも予測がつくようになります。

    では、参考までに、剥離の様子を写真で見てみましょう。

    Aは、子どもの舌(未就学児)です。

    A


    青丸のところが、剥離したの部分です。


    Bは、おとなの舌です。

    B
    剥離の例 おとな

    どうですか?

    剥離ってこんなものなのかって、わかるでしょうか?


    本日はここまで・・・

     ※ 参考文献:中医疾病予測学  楊 力 著


    次回は、6月9日(月)22:00ごろ更新予定です。
    ご期待ください。


    では、みなさま・・・ 

    今週も、ご自愛くださいませ。



    陽光堂鍼灸院

    斎藤 隆行  拝

    http://yokodo-shinkyu.com/

    category:- | by:作者 斎藤 隆行comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM