舌によるきざし 4

2014.05.26 Monday 22:00
0
     

    陽光堂鍼灸院の斎藤です。

    http://yokodo-shinkyu.com/

    本日もよろしくお願いします。


    札幌では、先週土曜日ぐらいから運動会シーズンを迎えています。

    でも、まだまだ肌寒いですね。

    上に羽織る物がないと、ブルブル寒気がしてきます。


    舌のお話になってから、急にアクセス数が下がりました。
    見ているのは、ほとんどの方は鍼灸師さんのようで、まぁ、当たり前のことばかりなので、あまり興味もないのでしょうね。

    でも、続きを進めていきます。

    3・青紫舌と血の滞りの関係

    血の滞りのことを、中医学では瘀血といいます。

    厳密に言うと、ちょっと違うのですが、そういうことにしておきます。

    これはどういう時にそうなるかというと、血行不良による物です。

    足をくじいたりすると、青アザになったりしますね。

    ちょうど足首の辺りなど、内出血をしやすいです。

    そんなイメージと同じ症状が、舌にも現れます。

    斑点のような、模様が出てくるのですね。

    舌全体が、青紫色になることもあります。

    熱の極みであったり、反対に冷えだったりしますが、どちらも血行に影響が出ているわけですね。

    肝臓病や、心臓病の予兆にもなります。

    だからといって、青紫色の舌は、必ず肝臓病や心臓の病気とは限りませんよ。

    逆は真ならず・・・です。



    本日はここまで。

     ※ 参考文献:中医疾病予測学  楊 力 著


    次回は、6月 2日(月)22:00ごろ更新予定です。
    ご期待ください。



    では、みなさま・・・ 

    ご自愛くださいませ。


    陽光堂鍼灸院

    斎藤 隆行  拝

    http://yokodo-shinkyu.com/











    category:- | by:作者 斎藤 隆行comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM