高熱のきざし

2014.04.07 Monday 20:00
0


     こんにちは。

    陽光堂鍼灸院の斎藤です。

    http://yokodo-shinkyu.com/


    先週の土日は、札幌では吹雪になりました。

    その影響で、夏タイヤに交換してしまった我が家の車は、身動きが取れずにジッとしておりました。

    ここぞとばかりに、妻の発案により家の中の模様替えを敢行。

    中学生になる娘と、小学5年生になる息子をそれぞれの部屋へと独立しました。

    自分の部屋で自分だけで夜寝るのがとっても憧れだったようで、睡眠も満喫したようです。

    いよいよ今週からは、新学期が始まります!!


    先週の続き・・・


    高熱のきざし

    今回は、湿熱という考え方です。

    東洋医学では、湿(陰)・熱(陽)の同時進行ととらえます。

    梅雨の蒸し暑い時期とか、甘いもの脂っこいもののとりすぎで、胃腸を疲れさせてしまうと起こりやすくなってきます。

    こんな症状が出てきたら、要注意ですよ。


      身体が重だるい・力が入らない

      胃かん部のつかえ

      ベロの上が、ベットリクリームを塗ったようになる。

        〔膩苔(じたい)という症状で、ベロに変化が出るのです。〕


    もちろんお酒の飲み過ぎも、こうなりやすいですよ。

    もともと熱をこもらせるタイプの人が、なりやすいんですね。

    そして、しつこい症状になりますよ。


    ふだんの養生が、病気の予防にはとても大切です。


    本日はここまで・・・

     ※ 参考文献:中医疾病予測学   楊 力  著


    次回は、4月14日(月)10:00ごろ更新予定です。


    では、みなさま、ご自愛くださいませ。


    陽光堂鍼灸院

    斎藤 隆行  拝

    http://yokodo-shinkyu.com/



    category:- | by:作者 斎藤 隆行comments(0)trackbacks(0)
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected entry
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM